ハコスカの魅力@愛のスカイライン! > ハコスカ ケンメリ > ハコスカはレーシングカーでケンメリはタクシー?

ハコスカ ケンメリ

ハコスカはレーシングカーでケンメリはタクシー?

ハコスカと違い、ケンメリスカイラインはいろいろな用途に使われていました。

通称ヨンメリとも呼ばれていた4ドアセダンのモデルでは、1975年ごろまで、1600ccにLPGエンジンのタクシー仕様車も設定されていたのです。

現在ではケンメリのタクシーなんてお目にかかれることは出来ないのではないかと思うのですが、もし私が見かけたら特に乗る用事もないのに思わず止めてしまいそうです。

さらに他にも、このケンメリの代から警察庁で警らパトロールカーとして導入されました。エンジンはGT系統と同じでL20型ですが、装備の質はかなり落とされていて、パトロールカー専用としての設定だったようです。

その後もパトカー仕様のスカイラインは現在も続いていて、高速道路の機動部隊としてR34GTRが採用されていますよね。いくら高速でもR34に追っかけられたら絶対に捕まってしまいます。
その前に逃げる気ゼロになっちゃいますね。警察の方々もうまく考えたものです。

ケンメリスカイラインは海外にも輸出されており、海外ではダットサン240kという名前で発売されていました。輸出仕様だとなんでもダットサンと言っていましたね。今のレクサスみたいなものでしょうか。


<<ハコスカGTRの魅力 | ハコスカの魅力@愛のスカイライン!トップへ | スカイラインの時代到来はハコスカから?>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。