ハコスカの魅力@愛のスカイライン! > ハコスカ グリル > ハコスカの44グリルの特徴

ハコスカ グリル

ハコスカの44グリルの特徴

ハコスカってグリルが違うだけで、本当にいろんな顔をしていますよね!
 人それぞれで好みもハコスカのこだわりも違い、グリルの趣味もさまざまです。
 そこで、たくさんあるグリルの中から、44グリルに関してですが、43年の9月から44年の9月の間で生産されたモデルですね。
 ライトの周りにレンズ風のガラスを入れるなど、とても凝った作りのグリルになっています。
 ここまでするのにはかなりコストがかかっていると思われます!さすが日産が総力を注ぎこんで作り上げたハコスカですね!
 ウィンカーにもメッキ縁取りが付いていて、形状もフラットになっています。それとライト枠や真ん中のグリルはレプリカがたくさん出ていて入手は比較的可能ですね!
 フロントウィンカーの間の部分には細いメッキモールがあって、通称ヒゲと呼ばれていますね。
 このヒゲの部分は今となっては入手困難です!しかし!これが有ると無いとでは、グリルの印象が全然違うんですよね。
 形状が難しくてチューニングショップさんがレプリカを作ったとしてもコスト高になってしまいそう…。 きっと、ここだけは何処もやってはくれないでしょうね。
 そして、バンパーには豪華なメッキ縁取りのオーバーライダーが付いています!
 でもなぜかGTRにはついていないんです。不思議ですね。

<<消えていくハコスカのレストアパーツ! | ハコスカの魅力@愛のスカイライン!トップへ | ハコスカも新型GTRも壁紙が欲しい!!>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。